頻尿でも工夫次第では高速道路での移動を満喫できる

いろいろな公共交通機関によって遠方への移動が楽になっても、高速道路が廃れることはありません。自家用車で長い道を疾走することができる開放感は、目的地での行動よりも楽しいものになり得ます。私も高速道路をこよなく愛する一人ですが、頻尿という悩み事があります。

知っておきたい! トイレが近くなる飲み物3つ

カフェでコーヒーを飲んだあと、やけにトイレが近くなった経験はありませんか?

 

会議や車内、大事なイベントで尿意を長時間我慢することはかなりの苦痛ですよね。今回はそんな日常の大敵「尿意」を抑えるために、トイレが近くなる要注意の飲み物、食べ物をピックアップしました。

 

社会人になると逆に、トイレ休憩を挟んでオフィスから離脱できるという利点もありますが……。

 

まずはコーヒー、紅茶などカフェインを含む飲み物です。

 

メカニズムとしては、カフェインを摂取することにより腎臓の血管が拡張されることで強烈な利尿作用となります。できるだけノンカフェインのものを飲むよう心掛けたいですね。

 

次に代表的なものはアルコール。筆者自身はあまり飲めるほうではないのですが、居酒屋で一緒に呑んでる友人が頻繁にトイレに行くのを見て「そんなにトイレ近くなるの?」と不思議でしたが、やはりビールなどアルコール含む飲み物にも強力な利尿作用があるようです。

 

ビールは特にキンキンに冷やして飲むものなので、身体を冷やす効果もあり、より尿意が増すので要注意です。

 

意外なのがフレッシュジュース。特に酸味の強いオレンジ・トマト系などが該当します。

含有されているビタミンは過剰摂取すると尿として排出されます。またジュースなので水分も当然多いですよね。ジュースだけではなく、ビタミン剤を摂取すると尿意が促されるという人もいるようです。

 

それでは逆に尿意を刺激しない飲み物とは?

既に述べていますがやはりノンカフェインの飲み物でしょう。身近なものだと麦茶、水などですね。ほうじ茶、ミネラルウォーター、スポーツドリンクなどもそうです。

特に麦茶には水分を体内にとどめておく効果もあります。

 

最後に、どうしても尿意が我慢できなくなったら、という状態の乗り切り方を教えます。

それは、「あごの真ん中あたり」のツボを押すことです!

えっそれだけ? と思う方もいるかと思いますが、これけっこう効果があるんです。

正確には「あごの一番膨らんでいるところの真ん中」でしょうか。膀胱の収縮効果がある+なんか対策しているという気持ちの上での効果もあるかも!?

●目次
楽しいドライブ
ノアンデを実際に使ったよ♪こんな感じ!
膀胱炎となる条件<
血尿を伴うものは出血性膀胱炎と呼ばれます
パーキンソン病などの神経性疾患
女性の頻尿
膀胱炎になると、まずはトイレが近いと感じる

楽しいドライブ

楽しくドライブしていても、何の前触れもなく尿意を催してしまうことがしばしばです。我慢することはできますが、その間は心の底から高速道路利用を楽しむことはできません。ですから、私なりに実戦している工夫がいくつかあります。どれも完全とは言えませんが、組み合わせることによって頻尿で苦しむ頻度が低くなります。

車に乗り込む前には、必ずと言っていいほど指で下腹部を押してみます。すると、頻尿の症状が出るまでに長い時間を要するか否かが判断できるのです。僅かながらでも残尿感があれば、絞りだすような気持ちでトイレへ向かいます。そうすることによって、長時間のドライブでも尿意に悩まされにくくなります。

長距離のでライブ

目的地までの距離が200km以内であれば、水分摂取を行わないようにしています。約2時間半ほどの時間なので、我慢することは容易いです。そもそも頻尿の症状が出てしまう原因としては、水分を摂取するという実にシンプルなことです。これを控えれば、トイレが近い傾向がある人でも我慢し続けられるというわけです。持病などを考慮に入れると万人向けではないのかもしれませんが、少なくとも私には効果があります。

 

物事を考えているときには、常に最悪の事態を想定することが必要です。たとえば、高速道路を利用している最中には大渋滞の発生が挙げられます。これは事前に予測することが難しいので、頻尿の悩みを抱えている人にとっては由々しき問題です。しかしながら、トイレに行くという選択肢を除外すれば解決策が浮かんできます。緊急的な状況であれば、ポータブルトイレを携行しておけば良いのです。実際に、私は今までに3回も使ったことがあります。

膀胱炎となる条件

膀胱炎

膀胱が細菌に感染するため起こるので上手く洗浄される状況が整っていれば普通は問題ないのです。
簡単に言えば排尿が適切に行われている事が重要となり、膀胱炎によってトイレが近いから我慢して回数を減らすというのは悪循環への入り口です。
既にトイレが近い場合でなくとも、過度にトイレを我慢する機会が増えればそれだけ細菌を流す機会が減るため膀胱炎のリスクが高まります。
膀胱炎は、ケースによって違いが出てくるため自分がどのケースかを把握する事が肝要です。
膀胱炎の治療には、幾つかの方法が考えられるため自分のタイプに合ったものを選択する事が重要です。

血尿を伴うものは出血性膀胱炎と呼ばれます

血尿改善

子供が多くかかる事でも知られています。
ただ、膀胱炎は血尿が出ても正直に申告しない場合が考えられるので膀胱炎かどうか保護者が注意深く見守る必要があるでしょう。
男性は、女性に比べて膀胱炎になる可能性はかなり低く通常であれば然程気にしなくても大丈夫です。
ただ、膀胱炎以外の問題が発生する可能性が女性に比べて高くなります。
いずれにしても、トイレを我慢する行為は勧められないという事です。
因みに、男性がピンポイントで膀胱炎になるケースはかなり限られてきます。
どういった状況から男性が膀胱炎になるのか、女性の場合との違いは何かという疑問はブログやサイトからも解決できます。

パーキンソン病などの神経性疾患

自分の意思で排尿を抑える事が難しくなります。
従って、切迫性尿失禁になりがちなのですが、こういう大きな疾患を抱えている人は、男性の尿漏れがある事と、その原因が分っていますからね。
ある意味、まだ対応がきちんと出来る可能性が高いのですが、逆に切迫性尿失禁が何かの病気のサインだったらどうでしょうか。
男性の尿漏れに対する恥ずかしさや抵抗から、一人で悩みを抱え込み、検査や治療をするのが遅くなってしまう事も珍しくはなく、それが最も恐ろしい事なのであります。

女性の尿漏れの中でも、特に多い腹圧性尿失禁は、骨盤底筋を鍛える事で改善される事が大半ですから、自分一人ででも対処出来るでしょう。
けれど、男性や高齢者に多い尿漏れ、切迫性尿失禁の場合は、腎臓や膀胱、あるいは神経回路に何らかの支障を来している事が少なくありません。

だからこそ、自分の意識で排尿を我慢出来ず、すぐに漏らしてしまうのです。
勿論、こうした尿漏れの病気は若い女性でも十分発症し得るものですからね。
下腹部に圧力が掛からない時でも尿漏れするという場合は要注意。
切迫性尿失禁を疑い、泌尿器科できちんと検査と指導を受ける事が必要不可欠です。

女性の頻尿


比較的若い女性にもよく見られるタイプですが、これは腹圧性尿失禁に該当するものと思われます。
腹圧性尿失禁というのは正に読んで字のごとく、下腹部に力が加わった瞬間に膀胱が押さえつけられて尿漏れするというものですね。
通常は、例え膀胱が抑え付けられ、尿が漏れ出しても、尿道の出口部分の筋肉が蓋の役割をし、しっかり締め付けてくれていますから、外に流れ出る事はありません。
ところがところが、その部分の筋力が弱っているために、言われるがままに開口してしまい、尿漏れを起こすというメカニズムです。

尿漏れの中でも、腹圧性の場合は、下腹部に余分な力さえ加わらなければ大丈夫。
例え尿意を催しても、ある程度の我慢は出来るはずでしょう。
ただ、くしゃみやしゃっくりは突如出る事も珍しくありませんので、そういう時には自動的に尿漏れしてしまう事になります。
そのため、結局は腹圧性尿失禁であっても、切迫性尿失禁と変わらない位のリスクがあるとみていいのです。
ですが、腹圧性尿失禁の場合は、開口部の筋肉さえ鍛えれば、かなりの高確率で尿漏れを抑える事が出来るでしょう。
そして、その開口部の筋肉こそが骨盤底筋で、尿失禁の人が何が何でも強化しなければいけない部分だと言われるところです。
という事で、まずは自分の尿漏れがどのタイプなのかをしっかりと認識し、関連のブログやサイトを参考に、適切な対処法を取られる事が大事でしょうね。

場所と血尿等の症状から治療が大変そうに思われがちな膀胱炎ですが、トイレが近い<という症状は意外にアッサリ治ってしまうかもしれません。
基本的に抗生物質を投与して細菌を殺す事に注目しており、これは膀胱炎治療の基本的な話です。
病院に行くまでに時間がかかる場合は、水分を沢山摂ってトイレを近くし、沢山尿を出す事で膀胱炎の原因となっている細菌を排出する事が求められます。

膀胱炎になると、まずはトイレが近いと感じる

トイレが近い

痛みを感じる訳ではなく、大した問題もないように感じるかもしれませんが膀胱炎の第一歩という事は知っておきたいです。
もちろん頻尿の原因は、血尿と同様に膀胱炎だけではありませんが疑うポイントにはなります。
痛みはなくても、膀胱炎の血尿というのはあまり良い状態ではないため速やかに問題解決を目指したいですね。
薬を飲んで簡単に治ると思われがちの膀胱炎ですが、再発しやすい事でも有名です。
一度治ったと思っても油断せずに、まずは膀胱炎の基本となる膀胱への細菌の侵入を防ぎたいです。
膀胱炎の対策や、他の具体的な症状についてはブログやサイトから情報収集可能です。