子供の頃からトイレが近い方で、大人になった今でも比較的に近いのは変わりません。

toirererre

子供の頃に一度、泌尿器科に行って診てもらったのですが、どこも悪くなく精神的なものと判断され、その後もほとんど改善されず、病院に行っても治らないとのトラウマがあり、それ以降は病院には行かず現在に至ります。自分でも、トイレが近いことに慣れてはいるのですが、困ることが多々あるのが正直なところです。

 

夜中のトイレは大丈夫なのですが、特に困るのは式と名のついたイベントごとです。入学式、卒業式、お葬式などなど、途中でトイレに行けないような空間は気持ち的にも余裕がなく、いつにも増して余計にトイレが近くなるようです。毎回、心配しながらなんとか切り抜けてはいますが、自分でもどうにもならないのですが、そんな時は市販の薬などを呑んでいます。あまり効果があるようには思えないのですが、気休めにはなるようです。

 

その他にも公共交通機関や、映画観など、他には遊園地などで、長い時間待ったりするような人気のアトラクションには、最初から並ばないことに決めています。そう考えると、いろいろな選択肢が狭まっているのかなと思うのですが、トイレが近いことに対しては長い付き合いなので、正直諦めています。

 

深く考えても仕方がないので、何とかなるかと軽い気持ちでこれからも過ごして行こうと思っています。