若い頃は、汗も良くかくしあまりトイレに行かない生活だったのに、妊娠・出産も経験してその後不慮の病にもかかり、手術をした後から特にトイレが近くなってきました。

nayami

幸い夜寝ている時は、まだ目が覚めてトイレにとはならないので、助かってはいますがまだ娘が幼く、体調不良などで夜中起こされるような感じで目が覚めると、必ずトイレに行く事になってます。

 

膀胱に量がたくさん含まれてのトイレだったら、まだ納得も行きますが・・量が少ないのです。続けて行くので量も少なくて当たり前です。特に人が訪ねて来る前などは、緊張からかすごく行きたくなります。訪問後は話もしたりしているので、案外トイレは行かないで済みます。

 

ドライブなども困ります。高速道路のパーキングでも必ずトイレには立ち寄りますが、ちょっと食べたり飲んだりもしたくなり、口に含んで車に戻って出発したら、やっぱり乗る前にトイレ行けば良かったなぁと後悔です。家族には遠慮もないので、また?と言われる事も多くて。娘よりもトイレの心配が必要かもしれません。

 

こんな感じでもう2年程経ちました。トイレが近くなったので回数も増えると、トイレの水を流すのも増えてしまい下水料金が上がってしまいました。困りものです。