尿検査で何が分かるのですか?

 

hn6

通常の健康診断での尿検査は、尿を試験紙にしみこませて色の変化で糖が出ているかどうかを判定します。

これで陽性であった場合、次に、1日の尿をためてその中にどのくらいの糖が出ているかを調べます。

この検査で、1日に1g以上の糖が検出されると糖尿病や甲状腺機能亢進症などが疑われることになり、血液検査の結果と合わせた判定が行われます。

血液検査では、検査当日の血糖値である空腹時血糖量と、検査日1-2か月前の血糖の状態を示すHbA1Cを調べます。

また、ブドウ糖を飲んだ後の血糖値を測るブドウ糖負荷試験も行われます。さらに、血中インスリン濃度を調べることにより、高血糖の原因が糖尿病なのか、それ以外の病気なのかを判断します。

 

 

尿糖とは何ですか?

 

食事から摂取した炭水化物(糖分)は体に吸収されるためには大きすぎるため、ブドウ糖にまで分解されてから血液中に溶け込みます。

その後、腎臓まで達し、その糸球体で濾過された後、尿細管で再吸収されます。尿細管で再吸収できないほど多量のブドウ糖が血液中にあると、尿中に糖が漏れ出してきます。

 

どのような状態になるとブドウ糖が血液中に増えてくるのでしょうか?

炭水化物を摂れば血糖値は上がります。この時にインスリンと言う物質が分泌されて血糖値を下げてくれるため、健康な人では血糖値は一定の範囲にコントロールされています。

しかし、インスリンの出方が不十分で血糖値が十分に下がらない人がいます。それが糖尿病患者です。糖尿病には、自己免疫反応により生じるI型と生活習慣病の一種であるII型の2種類があります。

血糖値が高いままだと体にどんな影響があるのでしょうか。その場合、全身の血管にダメージが起こり、糖尿病性網膜症、緑内障、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害、高血圧、心筋梗塞、肥満などのいわゆる糖尿病合併症が起こりやすくなります。

 

 

糖尿病の治療法と予防法を教えてください

糖尿病の治療には、インスリン不足を改善して血糖値をできるだけ正常値の範囲に維持することが肝心です。

そのために、食事療法と運動療法を組み合わせた上で薬物療法も併用します。食事療法では糖質制限を行うことが一番重要です。確かに糖質制限の効果は抜群ですが、なかなか続けるのが難しいものです。ですから、自分一人の努力だけではなく、医師や栄養士のアドバイスをもらい、それに従って計画的に進めるのが一番です。

また、日ごろから血糖値の上昇を防ぐ食物繊維を多くとり、油こい食事に偏らないように気を付けることが糖尿病の予防につながります。これらで十分な効果がない場合やI型糖尿病には、インスリン注射などの薬物治療が行われます。

 

甲状腺機能亢進症とはどのような病気ですか?

尿糖が出た場合に考えられるもう一つの病気として甲状腺機能亢進症があります。甲状腺では甲状腺ホルモンが作られ、新陳代謝を調節しています。

甲状腺機能亢進症になると甲状腺ホルモンが異常分泌されてしまい、新陳代謝が活発になりすぎて色々と不快な症状が現れてきます。

すなわち、イライラ、手足の震え、動悸、多汗、などの興奮状態に陥ります。若い女性に多いバセドウ氏病もその一つで、日本には数万人の患者がいるとされています。

甲状腺機能亢進症は、尿検査で糖が出ているか血液検査で甲状腺ホルモンの分泌量に異常が認められるかの検査で判断されます。この病気は自己免疫疾患の一つであるため、ストレスをためずに免疫力を高めることが必要です。また、ヨードの制限が必要な場合には医師の指示に従って食事制限を行います。

妊娠糖尿病とはどのような病気ですか?

妊娠の影響で糖の代謝が異常となって発症するもので、約12%の妊婦に発症します。

通常は一過性で産後には正常に戻りますが、重症化する場合もあるため注意が必要です。

妊婦では、胎児にブドウ糖を供給する必要があるため、母体にブドウ糖が取り込まれにくくなっています。こんな時に炭水化物の多い食事を続けていると血糖値が上昇することや、尿糖が出たりすることがあります。はっきりとした自覚症状がないため見過ごされることがありますが、母体や胎児に良くない影響が出ることもあるため注意が必要です。妊娠糖尿病では、糖尿病と同じような糖質制限やカロリー制限による厳密な食事コントロールを行います。また、適度な運動は予防のためにも良いとされています。

hn7

尿に糖が出ていると言われるとすぐに糖尿病を思い浮かべますが、病気でなくても検査で陽性になることがあります。とくに注意を要するのが、検査前の3時間の間に食事をとった場合に一時的に血糖値が上昇し、尿にも糖が混じることがあることです。また、ビタミンCをとった場合にも診断結果に影響が出ることがあります。胃を切除した方ではこの傾向が強くみられるようですから、注意を要します。