尿閉の苦しみは体験した人にしか分からない

出ない

尿閉とは、尿意があるのにトイレに行っても排尿できない状態を指します。いわゆる排尿困難の末期状態です。

このような状態になると患者は、大変な苦痛、不安、緊張を感じて血圧上昇や腎臓障害を起こしたりすることもあります。

この場合の処置としては、導尿と言って尿道からカテーテルを膀胱内に入れて尿を排出させる方法が取られます。

これと似た病気として乏尿、あるいは無尿というものがありますが、この場合には、尿量自体が減少して尿が出なくなるため、尿閉とは明らかに区別できます。

 

尿閉には、急性のものと慢性のものがあり、また、いくらかは排尿できる不完全尿閉と、まったく排尿ができない完全尿閉とがあります。

急性の尿閉は、前立腺肥大症などの患者で、長時間のドライブや大量飲酒などの後に起こることがあります。

この場合には、至急の導尿が必要です。慢性の尿閉は、前立腺肥大症などの進行に伴って残尿量が増加して膀胱内に常に大量の尿が充満している状態が続き、尿失禁状態になる場合を指します。

 

 

何が原因で尿閉が起こるのですか?

 

尿閉の原因として代表的なのが、前立腺肥大症によるものです。

前立腺肥大症による排尿障害の程度とその感じ方は人によって大きな違いがあり、前立腺がかなり肥大していても排尿障害を余り感じない人もいます。

前立腺がんでは、がんが尿道を圧迫するように成長する場合には、前立腺肥大症と同様に尿閉等を起こしますが、がんが前立腺から外側に成長する場合には、排尿障害の症状は弱くなります。

 

次に、糖尿病や脊椎損傷などによる膀胱の神経障害の場合に尿閉が起こります。また、尿道結石があって尿閉を起こすこともあります。

 

とくに注意を要するものに、薬剤による排尿障害があります。

尿の排出は、膀胱の排尿筋が収縮する一方で尿道の括約筋が緩むことによって起こるため、膀胱筋を緩める作用を持つ成分にとくに注意が必要です。

抗コリン作用を持つ抗アレルギー薬、消化性潰瘍薬や抗不整脈薬の中にこの種の成分が含まれています。

さらに、エフェドリンを含む市販の総合感冒薬、抗アレルギー薬、胃腸薬なども禁忌です。

 

前立腺肥大症の場合、胃の内視鏡検査の時に胃の動きを止める薬で尿が出にくくなったり、尿閉になったりすることがあるので、事前に医師に必ずそのことを伝えましょう。

 

 

泌尿器科では、尿閉なのか無尿なのかをどうやって診断するの?

カテーテル

尿道から膀胱にカテーテルを入れて導尿を行い、排出された尿量を図ることにより、尿閉が起こっているのか無尿なのかが判断できます。無尿の場合には、膀胱内に尿が残っていません。

また、男性の場合、前立腺に関わる各種の検査を行い、前立腺肥大や前立腺がんの有無を確認します。

さらに、尿検査と血液検査を行って尿路感染症の有無や腎機能を調べます。

 

 

尿閉が起こった場合どんな治療をするの?どんな薬を処方されるの?

この病気は、尿の排出のために必要となる膀胱の排尿筋の収縮が不十分であるか、尿道の括約筋の弛緩がうまくいかないかによって起こります。

前者の場合、膀胱筋の働きを強める薬や副交感神経遮断剤を用います。

後者の場合、尿道の括約筋の弛緩をもたらす前立腺肥大症の時に使われるα1遮断剤を用います。服薬によって尿閉を起こした場合には、その薬の服薬を中止します。

また、糖尿病や脊椎損傷による尿閉では、基礎疾患の治療を優先的に行います。

 

完全尿閉の場合には尿道カテーテルを入れて導尿を行います。一度の処置では不十分な時には、カテーテルをしばらく入れたままにしておく(留置カテーテル)方法が取られます。

尿路感染症を併発している時はその治療を併せて行います。

また、女性が内臓脱落などにより尿閉を起こした場合にも、そちらの処置をまず行います。

そのほかに、外からの物理的な刺激により膀胱の収縮反射を促す排尿誘発法や、一日に何度かのカテーテルの導入を自分自身で行う自己導尿法というものもあります。

 

 

尿閉が起こったら病院の何科を受診すれば良いのでしょうか?

尿閉の場合は必ず泌尿器科を受診してください。症状によっては急いで受診する必要があるので注意してください。