副腎とはどんな臓器ですか

副腎は腎臓の上に左右1ずつ存在している小さな臓器で、副腎皮質と副腎髄質とからできています。この中で、生命維持に必要な各種のホルモンが作られています。副腎皮質では、血糖値上昇や電解質バランス、生殖機能などを調節するステロイドホルモンであるアルドステロンやコルチゾールを、副腎髄質では、体のストレスに対する調節を行うアドレナリンやノルアドレナリンなどが分泌されます。

 

これらのホルモンの分泌が多すぎる原因として副腎腫瘍があげられます。高血圧、糖尿病や肥満は生活習慣病とされていて重症の場合には薬を手放せなくなりますが、副腎腫瘍がこれらの病気の原因となっていることがあります。検査で副腎腫瘍が偶然に見つかり、副腎腫瘍の適切な処置を行うことによってこれらの病気から解放されることがあるのです。

 

 

副腎腫瘍には3つの種類があります

高血圧症の人に多い原発性アルドステロン症とはどんな病気?その治療法は?

血圧計

原因のはっきりしない本態性高血圧症患者の5-10%が、この病気を持っているとの調査結果があります。主に片方の副腎の細胞が異常分裂により形成される良性の腫瘍で、アルドステロンが過剰に分泌されるようになります。

 

服薬によってもなかなか治らない高血圧が特徴的な症状ですが、血中のアルドステロンが過剰になることにより血中のカリウム量が低下し、脱力感、こむら返り、多尿などが症状として現れます。

 

診断法は、高血圧患者に対して血液中のアルドステロンと活性レニン濃度を測り、この比が高いと原発性アルドステロン症が疑われます。この診断後に、CT検査などのいくつかの精密検査を行いますが、腫瘍が小さいことが多いためにCT検査では見つからないことがあります。そのような場合に、足の付け根からカテーテルを挿入して副腎付近の静脈の採血を行い、確定診断に近づける方法も開発されています。

治療方法としては、手術によって腫瘍を取り除く方法が一番ですが、それができない場合には、アルドステロンの産生を抑えたり、作用を弱めたりする薬を降圧剤とともに投与します。

 

日常生活では、血圧コントロールのために塩分摂取量を抑えることが肝要です。

 

 難病指定されているクッシング症候群とはどんな病気?その治療法は?

入院

コルチゾールというホルモンが過剰に分泌されることによって起こる病気で、その一つであるクッシング病は国の難病に指定されています。過剰に分泌される原因としては、下垂体や副腎に線種がある場合などが考えられます。患者発生数が年平均で100人程度の稀な病気で、副腎腫瘍を原因とするものがこのうちの半数を占めています。

 

コルチゾールの過剰分泌に伴い、腕の皮膚が薄くなる、腹部が膨らむ一方で太ももが細くなる、多毛、皮下出血しやすくなるなどの特徴的な症状が出ます。病気が進行すると、高血圧の悪化や免疫力の低下が起こり、敗血症に至る恐れもあります。

 

診断には、血液中の副腎ホルモン量の測定やCTを用いた腫瘍の画像診断が用いられます。

治療方法は、下垂体や副腎にできた線種を手術で取り除く方法、手術でも良くならない場合には、副腎でのコルチゾール分泌を抑える薬を用いることもあります。手術後にホルモンの補充が必要となるため、ステロイドの内服投与も行われます。

 

日常的には、合併症の治療、筋力低下による転倒等の予防、免疫力低下による感染症発生予防等に注意が必要です。

 

悪性の場合もある褐色細胞腫とはどんな病気?その治療法は?

多尿

カテコラミンを突発的に過剰に分泌することにより、急性の重度の高血圧を引き起こして脳卒中や心筋梗塞に至ることもある危険な病気です。褐色細胞腫は良性と悪性の判断が難しい病気ですが、副腎腫瘍には珍しく悪性腫瘍が見つかることもあります。

 

この病気の典型的な症状は高血圧で、その他に発汗、動悸、顔面蒼白、頭痛などが現れます。

この病気は、高血圧とともに、尿中および血中のカテコラミンやメタネフリンなどの濃度上昇が認められた場合に疑われ、CTやMRIにより腫瘍の存在を確認します。この病気では腫瘍のサイズが大きいことが多いために、画像診断が有効な場合が多くあります。

 

治療方法としては腫瘍の摘出手術が基本で、手術後の血圧のコントロールと定期的なホルモン検査と画像検査も欠かせません。

 

 

もっと副腎腫瘍に注目してほしい

副腎腫瘍はそれほど珍しい病気ではないにも拘らず余り注目されていないので、高血圧で服薬を続けていてもなかなか治らない人は、一度、この病気を疑って、泌尿器科で検査をしてみることをお勧めします。高血圧の人は日本全体で1,000万人を超えており、その内の50万人以上が副腎腫瘍を抱えている可能性があるのですから。