普段からトイレが近いです。一日で10回以上トイレに行きます。冬は冷えるので特に回数が多くなります。外出先にトイレがないと焦りますし、映画館など気軽にトイレに行けない状態が苦手です。

 

先日、友達とバスツアーに参加してきました。自分がトイレが近いのはわかっているので、できるだけトイレに行かなくて済むよう、朝から水分は摂りませんでした。お腹が冷えるとトイレに行きたくなるので、お腹にカイロも貼って行きました。

集合場所に着くと、まずは近くのコンビニでトイレを借りて、万全の準備をしました。

バスに乗って、友達と楽しく話しながら過ごしました。周りの人はお菓子を食べたりお茶を飲んだりとくつろいでいましたが、私はトイレに行きたくなると困るのでここでも水分は摂りませんでした。

 

しかし、高速に入った直後に尿意を感じました。

出発から40分くらいしか経っていません。気のせい気のせい、と気にしないようにしてたものの、次のサービスエリアでのトイレ休憩まで30分かかると知り、今尿意を感じているのにあと30分我慢できるのか?と焦りました。

 

周りの人は普通にお茶を飲んだりジュースを飲んだりしているのに平気そうで、私は水分を摂っていないのに、なぜすぐトイレが行きたくなるのかと情けなくなりました。

 

途中で降ろしてもらうことができるわけもなく、我慢するしかありません。

友達にはトイレに行きたいということを告白し、我慢するのに精一杯だからそっとしておいてほしい・・とお願いしました。ひとり窓の外を見て、必死に耐えました。

 

漏らしてしまったらどうしよう。一生の恥だ。とそれが心配でした。

 

友達が「顔が土気色だよ。」と教えてくれました。だんだん油汗もでてきて、動悸はするし呼吸も荒くなってきました。

 

やっとサービスエリアについて、真っ先にバスから飛び降り、トイレに駆け込みました。

後ろで「あ~やっと着いた。ずっとトイレ我慢してたんだよね。」という声が聞こえました。私だけじゃなかったのです。

女性はトイレが近い人多いですね。皆平気な顔をしてるけど内心は焦ってたのかもしれないと思うと、ちょっと面白かったで