水分をあまり摂取しないように気を付けてはいます。しかし、季節によると脱水症状を気にしなければいけない環境で住んでいるので、きちんと水分を摂取します。

 

夏と冬では頻尿とトイレの近さに少し違いがあるような気がします。夏は脱水症状を気にして普段より多めに水分を摂取するので、日によっては日中に10回以上は尿意が出ます。それに加えて就寝中は、3回以上は尿意で起こされます。仕事上、夏は水分を減らすことが出来ないので苦労しています。

 

冬は寒さから尿意が来てるような感覚です。摂取した水分が汗として外に出にくいので、その分、尿が溜まるのでしょうか、少し水分を摂取しただけでも酷いと摂取後20分以内に尿意が出るので、水分を摂取する時間やタイミングに非常に注意する必要があります。

ストレス発散

年齢を重ねるごとに、頻尿やトイレが近くなってきたのですが、年齢だけでなくストレスも大きく関係してるような気もしています。責任ある仕事をするとストレスがかかり、これまでよりも症状が悪化しているようです。そこで、ストレスの発散方法にも毎日気を配って生活しています

 

あと、仕事で外回りがあるのですが、交通渋滞は勘弁して欲しいです。一度、尿意が出ると、すぐにトイレへ行かないと間に合わないくらいにギリギリになるので、車の運転も出来ればやりたくないです。